Round 1 TwinRing MOTEGI Report
開幕戦となったツインリンクもてぎのエントリー数は67台。予選は2組にわかれて行われた。
タイヤメーカー各社からNEWスペックタイヤが投入されていたが、#700はヨコハマタイヤから新しく発売されたA08Bをチョイス。
本数に制限があり、金曜日のフリープラクティスでTEST走行が出来なかったのでぶっつけ本番。1 LAPにかけアタックしたタイムは2’22.486。
予選2組が激戦グループということもありクラス17位、決勝Aレースは33番グリットからのスタートとなった。
まるで初夏のような予選日から一転、決勝は冷たい雨となり路面はウェット。
スターティンググリットに着いた時には、完全に雨は上がっていたが、路面はウェット。
33番グリットからは、スタートシグナルがよく見えず、前車の動き出しを見てスタートするという痛恨のスタートミス。
オープニングラップでは40位に後退。その後、数ラップペースの遅い車輌を追い抜くのに手こずり後方グループから抜け出せたのは6周目。
前方が空いてからは、中盤グループまで徐々に追い上げたが28位チェッカーでレースを終えた。

プロのドライバーが多く参戦しているこのレースでは、日本国内一激戦のレースと言われています。
実際プロドライバーは、ドライビングテクニックは勿論、セッティング能力が高いのと、TEST走行にかなりの時間を費やしているので、マシンを高レベルまで仕上げていると痛感しました。
我々のチームももっとTEST走行を増やしてマシンのセットアップ、ドライビングを磨かないといけません。
第2戦は4月27日(日)SUGOスポーツランドで開催されますが参戦できず、第3戦5月17日(土)18日(日)富士スピードウェイに参戦いたします。
チーム一同、これからも全力を尽くしてがんばって参りますので益々のご声援のほど、よろしくお願いいたします。

杉原 直弥

予選2グループ17位決勝Aレース28位
ベストタイム2'22.4862'29.156

画像クリックでポップアップウインドが開きます。※JAVAに対応していない機種はご覧いただけません。