Round 7 OKAYAMA International Circuit Report
公式予選が行われる直前に雨が降り、ウェットコンディションとなる中、2組に分けて予選が行われた。
1組がコースインする前に、雨は完全にあがり青空になるがコースはフルウェット。#700が走行する2組の時には、路面は乾き始めるコースコンディション。徐々にセミウエットラインを試みベストラインを探りながらアタック。毎周タイムを更新していき、8周目のラストアタックでTOP!1組の1位よりタイムが速かった為、総合でも1番時計。今季初となるポールポジション。

まずまずのスタート。しかしモスエスで1台パスされ2番手に後退。2番手キープで周回中、5LAP目に後続で多重クラッシュがあり、セーフティーカー導入される。7LAP目リスタート失敗。大きく出遅れてアトウットカーブで1台パスされる。その際に失速してバックストレートのスピードが伸びずブレーキ競争。ヘアピンを並走して3位を死守しようとするが、リボルバーでコースオフ。2台にパスされ5番手まで後退。チェッカーを受けたときは6位リザルドとなった。

今回のRd.7は地元岡山(ホームコース)なので気合も十分で挑みました。しかもポールポジションからスタート!最低でも表彰台!と考えていましたが、結果はリスタートで痛恨のスタートミスが要因で惨敗。無念です。

今季、予選ベストグリット、ポールポジション。決勝レースベストリザルド6位初入賞。ポイントもポールポジション2ポイント。6位入賞8ポイント。合計10ポイント取得できたので、シリーズランキングもアップすることが出来ました。

第8戦 9月20日(土)21日(日)、富士スピードウエイに参戦いたします・・・(ってもう今週ですが【笑】) 今季4回目の開催となる富士スピードウエイ!上位を目指して頑張ります!

チーム一同、これからも全力を尽くしてがんばって参りますので益々のご支援、ご声援のほど、よろしくお願いいたします。
杉原 直弥

予選2組 1位 Pole Position決勝Aレース 6位
ベストタイム1'55,737 1'53.094

画像クリックでポップアップウインドが開きます。※JAVAに対応していない機種はご覧いただけません。